角川武蔵野ミュージアムにある本棚劇場に足を踏み入れた者はみな見上げることになる

角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場
角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場
関連する写真

両脇に本棚のあるブックストリートを進んでいくと、辿り着くのは本棚劇場という空間だ。その名の通り、本棚のある劇場だ。ここに至るまでのブックストリートにも壁に沿って本棚が設けられていたけれど、本棚劇場の本棚はそれとは格が違う。天井の高い空間の四方を囲む壁に高さ8メートルもの巨大な本棚が設けられているのだ。

巨大な本棚を目の当たりにした人たちは皆一様に上を見上げる。まるで上空にUFOが現れたかのように見上げ、スマホで写真を撮る。そうしてから思い出したかのようにどのようなが配架されているのかを見始める。本来、本棚は脇役で主役は配架されている書籍であるはずなのに、ここではその関係が逆転しているのが面白い。巨大な本棚が主役に躍り出ているのだ。

そもそもここのエリアは本棚劇場という。配架してある書籍を角川武蔵野ミュージアムに来館した人びとに読んでもらうというよりも、本棚を背景にして「本と遊び、本と交わる」というコンセプトのプロジェクションマッピングの上映がメインなエリアだ。だからこそ劇場と名付けられているのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年3月 人びと 埼玉
博物館・美術館 所沢

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12193

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年03月03日

撮影場所

所沢 / 埼玉

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

角川武蔵野ミュージアムってどこ?

PREV & NEXT