古本屋の書棚の前でセレンディピティを求める人が古本を漁っていた

古本屋で古本を漁る人
古本屋で古本を漁る人
関連する写真

の街である東京の神保町には三省堂や書泉、東京堂などの新品の書籍を扱うお店はもちろん、古本屋も多い。数が多いのは圧倒的に古本屋だ。靖国通り沿いに幾つも古本屋が並んでいるし、脇道に入っても古本屋が並んでいたりする。新品、中古を問わずこれだけ多くの書籍が売られている神保町にない本はないのではないかと思うくらいだ。

ネット販売の勃興と反比例するように町の本屋が続々と閉店していく中、神保町の本屋街にはまだまだ活気が残っている。本を買うだけならばAmazonに代表されるネットの本屋で紙の本を買ってもいいし、電子書籍でも用は足りてしまう。それでも神保町に活気があるのは、ここにやって来る人びとが単に本を買いに来ているわけではないからだろう。

神保町にわざわざやって来る理由はセレンディプティではないかと思う。モニターに表示される「この本を買った人はこんな本を買っています」とか「あなたへのおすすめ」では味わえないセレンディプティが実際の本屋にはあるのだ。思いがけず面白そうな本を見つけてしまい、思わず買ってしまう。神保町にやって来るのはそんな体験を求める人が多いに違いない。

そういう僕もセレンディピティを求めてやってきたひとり。たまたま手にした「ぶらりユーラシア」という写真家の紀行文を手に入れて家路に就いたのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年3月 町角 東京
本屋 神保町 買い物客
神保町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12199

撮影年月

2022年1月

投稿日

2022年03月09日

撮影場所

神保町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

神保町ってどこ?

PREV & NEXT