路上の古本屋

歩道の端で古本の修理をする男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男は古本の修復をしていた

8年前にヤンゴンを訪れたときには、町を歩くと大勢の人が路上で本や雑誌を読んでいることに驚いた。ミャンマーの教育水準は高くて、ほとんどの人が字を読めるようになっていると思ったのものだ。でも、8年間の間にそのような人々の姿がほとんど姿を消してしまった。本や雑誌などの紙に書かれたものをスマートフォンが駆逐してしまったのだ。今となってはスマホを持っていない人の方が少ないのではないだろうか。いずれにしても、路上で時間を持て余している人で紙の本や新聞などを読んでいる人を見かけるのはめっきり少なくなっている。

それでも、本好きの人で紙の本を好む人はまだ生息しているようだ。スーレー・パゴダの近くを歩いていると、大きな書店も見かけたし、路上で古本を売っている人も姿もまだあった。腕に入墨をいれている写真の男も路上本屋さんだ。男はちょうど古本の補強をしている。このように補強されながら、本は様々な人の手を渡っていくのだろう。男の作業を眺めていると、客がやってきて本の物色を始めた。このような光景を見ると、ヤンゴンの本好きは数は少くなったにせよ、まだまだしっかりと生息しているようで、なんだか安心した。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10814

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年12月01日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ