壁の写真集

壁に飾られたアラーキーの写真集
東京の銀座で撮影 オザワテツ

荒木経惟の写真集が壁に飾ってあった

初台駅からほど近くにある喫茶店の中に入った。ここはちょっと変わった喫茶店だ。店内は静けさに包まれていて、話をしている人は誰もいない。ここには世間話に花を咲かせている人はいないのだ。なぜならここでは話をするのは許されない。読書する人のための喫茶店だからだ。店内にいた人たちはみな本を開いて静かに読書に耽っている。僕も本棚から本を取ってソファに腰を下ろすと、他の人と同じように読書を始めた。読書するための喫茶店だけに、店内の本棚には本が並べられていて自由に読めるようになっている。

静かに本を読んでいると、時間も調子を合わせたかのように静かに流れていく。ふと、ページを捲る手を止めて見上げると、壁に設けられたちょっとした棚にも本が飾ってあるのに気がついた。大判の本の表紙では裸の女性がポーズを決めている。荒木経惟の写真集だ。頭の後ろで手を組んだ女性は、僕の視線なぞもろともせず一言も発することなく静かな店内をじっと眺めていた。

EN

初台ってどこ?

PHOTO DATA

No

11220

撮影年月

2019年4月

投稿日

2019年10月03日

撮影場所

初台 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ