歩道の本屋さん

歩道に出ていた本の屋台
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

歩道に本の屋台が出ていた

スマートフォンが普及してからというもの、ミャンマーでも路上で本を読んでいる人を見かけるのはとんと少なくなった。でも、ミャンマーの人は基本的に活字中毒だと思う。スマホの画面の外でも活字を求めている人は多い。

町の中心部を歩いていると、本を売っている屋台があった。屋台と言うよりもキオスクだろうか。店頭には沢山の本が並べられている。本好きの僕としては、どのような本が売られているのか気になるところだ。そして、面白そうな本があればぜひ購入したいと思いつつ並べられている本を見たら、すべてがビルマ語で書かれた本だった。残念。これでは買ったとしても、僕が読むことは叶わない。

ミャンマーの人口は結構多く、5000万人を超えている。ビルマ語の書物だけでも十分に市場が成り立つのだろう。そこで、僕は視点を変えて書物を買い求めにやって来た人びとを観察することにした。歩道の端っこに建つ本の屋台は思いの外繁盛していた。人が入れ替わり立ち替わりやって来て、どんな本が売られているのかを確認していた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11072

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月27日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ