行天宮の赤い扉

行天宮の赤い扉

扉は鮮やかな赤に塗られていた

台湾の台北にある行天宮にて撮影。

行天宮は関羽を祀っている関帝廟だ。ここはいつも混雑しているという。誰も彼もが金儲けに関心があるのだ。しかし、いつから武将であった関羽が商売の神様になったのだろう。関帝廟と聞くといつも不思議に思う。そういう僕もその力にあやかりにやって来た。でも、効果があったのか、どうなのかは今でも分からない。

ふと冷静になって境内を眺めると、鮮やかな赤に塗られた扉があるのに気がついた。でも、銭勘定にばかり気になっているほとんどの参拝客にとっては、この扉の鮮やかさなんてどうでもいいことのようだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

行天宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

723

撮影年月

2007年1月

投稿日

2007年02月09日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

アーカイブ