サワブサール駅の近くで見かけた屋台

線路脇の歩道で寝る屋台主
インドネシアのジャカルタにあるサワブサール駅の近くで撮影 オザワテツ

線路脇の閑散とした歩道で屋台の人が寝ていた

歩いているうちに、鉄道の線路脇の道にやって来た。ジャカルタを走るKRLジャボタベックの線路だった。視線を先に向けると、駅舎が高架橋の上に見える。ここはサワブサール駅の近くだったのだ。駅前というと、日本では周辺でもっとも賑わっている場所であることが多い。でも、ここはちょっと事情が違うようだ。サワブサール駅の周辺は特に賑わっていない。商業施設が建ち並んでいる訳でもなく、普通のビルが並んでいるだけだった。

通勤時間にでもなれば、もっと駅の利用客がいるのかもしれない。が、僕がやって来た時間はかなり閑散としていた。駅近くの道にも歩行者姿は少ない。そんな閑散としている歩道に屋台が出ていた。何を売っている屋台なのかと近づいていくと、屋台主は寝ている。自分の屋台に顔を伏せてしっかりと寝ていたのだ。確かに男の移動式屋台の上には何も商品が並べられていないし、日傘もしっかりと閉じられている。

おそらくは、もっと人の通る時間、たとえば通勤時間がやって来たら起きて商売をはじめるに違いない。それまでは歩道で休憩を取り続けているのだ。ここではなく、もっと休憩に適した場所があるような気がするけれど、そんなことは写百も承知の上でこの場所で寝ているような気がしてならない。

EN

サワブサール駅について

サワブサール駅は、Kyai Haji Samanhudi.通りにある鉄道駅です。この駅はジャカルタ鉄道のジャカルタコタ-マンガライ区間にある7つの高架駅の一つであり、同じ名前の地区名にちなんで命名されています。パサールバル市場は、この駅から徒歩圏内です。

ジャカルタにあるサワブサール駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11630

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月07日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ