百貨店の前の道

百貨店の前の歩道を歩く人影
東京の日本橋で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ふたりの人影が閑散とした老舗百貨店の前の道を歩いていた

日本橋には老舗の百貨店が2店舗ある。そのうちのひとつである日本橋高島屋へとやって来た。高島屋の創業は1831年に京都で古着・木綿商を開いたことまで遡るというから、もう200年近くも営業していることになる。東京に進出したのは1890年で、現在の日本橋店が建てられたのは1933年だという。戦前に建てられた店舗は石造りで重厚だ。国の重要文化財にも指定されている。建設当時はモダンだったであろう内装も今ではすっかり古くなって貫禄を醸し出している。

問題は建物が古くなったことではなく、百貨店というビジネスモデル自体が古くなってしまったことだろう。この日も週末だったのにもかかわらず、中はそれほど混んでいない。消費者の多くは百貨店で買うよりもネット通販で買うことが多いのではなかろうか。買い物に訪れている人も、百貨店がキラキラしていた時代を知るような年配の人が多い。このような人たちが消費活動から退いたら、百貨店は完全に衰退してしまうような気がしてならない。

お店の前の歩道も、店内と同じように閑散としていた。立ち止まって眺めていると、ふたりの人影がトボトボと歩いているのが見えた。

ENGLISH
2019年10月 町角 東京
百貨店 人影 日本橋 お店 歩道

日本橋高島屋ってどこ?

PHOTO DATA

No

11231

撮影年月

2019年5月

投稿日

2019年10月11日

撮影場所

日本橋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ