歩道を歩くサラリーマン

歩道を歩くサラリーマン

眼下に歩道を歩くサリーマンの姿が見えた

東京の汐留で撮影。

汐留駅付近には高架になった歩道が近代的なビルの間に張り巡らされている。幅の広いその歩道も週末には歩いている人の姿は少ない。僕はのんびりと高架になった歩道の上を歩いていた。

この辺りで高架になっているのは歩道だけではなく、鉄道も高架になっている。ゆりかもめの愛称で知られる東京臨海新交通臨海線が、歩道よりもさらにちょっと上で同じようにビルの谷間を走っているのだ。ゆりかもめは通常の鉄道と違ってタイヤで走っているのでとても静かだ。姿が見えるまで近づいて来たのがわからないくらいだ。音を立てずにビルとビルの間を走るゆりかもめを見ていると、なんだか近未来の世界にやって来たような気がする。これで高架になった線路さえ無ければまさにブレードランナーの世界だ。東京を思わせる都市が映画の冒頭に登場する。

その一方で、地上の空間は全くの日常だった。上から下を見下ろすと、週末なのにスーツを着てネクタイを締めたサラリーマンが慌てながら歩道を小走りに歩いているのが見えた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

汐留ってどこ?

PHOTO DATA

No

11242

撮影年月

2019年5月

投稿日

2019年10月19日

撮影場所

汐留 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ