スパイスを量る男

スパイスの重量を量る男
ミャンマーのヤンゴンにある市場で撮影 オザワテツ

男は手を伸ばして天秤の上にスパイスを載せていた

次に前へとやってきたのはスパイスショップだった。他の東南アジア諸国と同様にミャンマー料理にもスパイスは多用される。そのため、市場では様々なスパイスが売られているのだ。店先には缶と透明なプラスチックの容器が並べられていて、どれにもスパイスが詰められている。そして、缶と容器の向こう側には眼鏡を掛けた男が腰を下ろしていた。男の商品はバラエティに富んでいるけれど、残念ながら僕には何がどのようなスパイスなのかは見当がつかない。ただ分かるのはいろいろな種類のスパイスが売られているということだけだ。

そうこうしていると、客がやってきて注文を眼鏡の男に出した。スパイス類は袋分けして売られていないので、男は天秤で注文を受けたスパイスの重さを量り始める。立ち上がって手の伸ばしながら真剣な面持ちで天秤の皿の上にスパイスを載せている男は、まるで量り方を間違えたら世界が終わってしまうのではないかと思わせるような顔をしていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10885

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月04日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ