木に挟まれた南門

寒川神社の木に挟まれた南門

参拝客が木に挟まれた南門をくぐっているのが見えた

神奈川の寒川町にある寒川神社で撮影。

寒川神社が創建されたのがいつなのかははっきりとしないようだ。でも、かなり歴史が古いことが確実で、927年にまとめられた延喜式に寒川神社の名前が載っているのだという。少なくとも1000年以上は遡る。さらに縁起によれば、1600年前の雄略天皇の代には既に朝廷より幣帛の奉幣があったというから1600年くらいはあるようだ。もっとも、この辺りには縄文時代の古墳も沢山あって、聖地としての機能は先史時代まで遡る可能性があるらしい。

でも、幸か不幸か境内に建っている建造物は社殿も客殿も社務所もどれもこれも比較的新しく見える。境内を歩き回って建っているものを眺めるだけでは、神社の長い歴史を感じることは難しい。神奈川県や寒川町に重要文化財として指定されているのもあるようだけれど、像や面や神輿だけで建物で指定されているものはないのだ。

ウロウロとしていると、参道のひとつへとやって来た。メインの参道ではない細い参道だ。参道の先には南門が見える。そして、参拝客が続々と門をくぐって社殿に向かっているのが見えた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

寒川神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

11237

撮影年月

2019年5月

投稿日

2019年10月15日

撮影場所

寒川町 / 神奈川

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ