縫う男

八仙彩を縫う男
台湾の台南にある中西区で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

工房の中では男が八仙彩の刺繍を施していた

台南の中心部を歩いていると、また工房があった。ここも八仙彩と呼ばれる神棚に飾るのれんを作る工房のようだ。八仙彩とは道教の仙人のなかでも代表的な存在である8人をモチーフに作成されるめでたい絵だ。

工房の中には数人の職人が姿が見えて、みな黙々と働いている。日本ではあまり馴染みのない八仙彩だけれど、中華社会のいかなる階層の人にも受け入れられて一般的なものだという。台湾の人は信心深い。町中にある寺院にお参りするだけでなく、各家庭にも八仙彩を飾るための神棚があるようだ。

木製の枠の中に赤い布が張られていた。布には下絵が描かれている。そして、小さい鋏と大きな鋏が置かれていた。カメラを向けると、男は真面目な顔をして糸を引っ張った。腕をピンと上に伸ばし、糸が真っ直ぐに伸ばし刺繍を続けていた。

ENGLISH
2017年5月 人びと 台湾
職人 刺繍 ハサミ 工房 台南

台南にある中西区ってどこ?

PHOTO DATA

No

10138

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月11日

更新日

2020年10月27日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ