縫う男

のれんを縫う男

男が刺繍を施していた

台湾の台南で撮影。

町の中心部を歩いていると、また工房があった。ここも八仙彩と呼ばれる神棚に飾るのれんを作る工房のようだ。中には数人の職人が姿が見えて、みな黙々と働いていた。日本ではあまり馴染みのない八仙彩だけれど、ここでは一般的なものなのだろう。台湾の人は信心深い。町中にある寺院にお参りするだけでなく、家にも八仙彩を飾るための神棚があるようだ。

木製の枠の中に赤い布が張られていた。布には下絵が描かれている。そして、小さい鋏と大きな鋏が置かれていた。カメラを向けると、男は真面目な顔をして、糸を引っ張っていた。ちょうど刺繍を施しているのだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10138
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年05月11日
撮影地
台南 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年5月 人々 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP