ベスパに乗った男

ベスパに乗った男
タイのバンコクにあるチャイナタウンで撮影 オザワテツ

男は人混みの中でベスパに乗っていた

チャイナタウンの路地を歩いているうちに、混雑している道に出た。両脇にはお店が建ち並んでいて、大勢の人が歩いている。僕は人混みに紛れて散策を続ける。

路上にいるのは買い物に訪れた人ばかりではなかった。商品を配送している人の姿もよく見かける。道は混雑しているので、配送に使うのはトラックなどの自動車ではなくスクーターやバイクだ。写真の男もスクーターに乗って配送しているところのようだ。男はベスパに乗って、後部に取り付けた台の上に商品を載せていた。

なぜだから理由は分からないけれど、バンコクではベスパをよく目にする。バスパはピアッジオというイタリアの会社が作ったスクーターで、ちょっとおしゃれなスタイルのスクーターは映画にも使われていたりする。ローマの休日オードリー・ヘプバーンが乗っていたのもベスパだ。ひょっとしたら、日本の自動車メーカーと同じようにタイに工場でもあるのかも知れない。

いずれにせよ、タイの雰囲気を感じ取るのは難しい写真に仕上がっていた。イタリア製のスクーターに乗っているのは、インド系と思われるごつい男だ。タイらしさはどこにも無い。

EN

ベスパが登場する映画

上にも書いてあるとおり、ベスパは1953年に公開された映画「ローマの休日」に使われている。それ以外にも以下のような映画やテレビ番組に登場する。

こう見ると、Vespaがいかに長いこと愛され続けているバイクかよく分かる。

バンコクにあるチャイナタウンってどこ?

PHOTO DATA

No

11347

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年01月07日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ