バイクに4人乗りしていた人びと

バイクに四人していた人びと
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ジャカルタの町を歩いていると、バイクに4人乗りしている人びとを見かけた

ファタヒラ広場を出て、今度は南に向かった。観光地になっているファタヒラ広場付近は歩行者天国になってはいるものの、のんきに歩けるエリアはすぐに終わり、コタ地区には大きな通りが走っていた。

ホーチミン・シティやバンコクなどと同じように、ここジャカルタも交通渋滞で悪名高い。東南アジアは急速に発展したので、道路の整備が追いついていないのだろう。道路の数は同じままなのに、所得が増えるに連れ、家庭が所有するバイクが1台、2台と増えていき、さらに所得が増えると自動車になると言うわけだ。その結果、道路はバイクと自動車でいっぱいになってしまう。

そのような状況を当局は手をこまねいている訳でもない。ジャカルタを南北に走るハヤム・ウルク通りにはバス専用レーンが設けられているし、ジャカルタMRTやLRTジャカルタという鉄道網の整備もされている。経済発展に応じてインフラを整えるのはどこの国でも同じだろう。ここジャカルタではインフラ整備を行いつつ、インフラ以外にも渋滞を解消するシステムが導入されているのが興味深い。

システムの中で興味を引くのはThree-In-Oneという規制だ。かつてラッシュアワーの時間帯に行われたこの規制は、1台の車に少なくとも3人乗っていないと通行してはいけないというものだ。そのため、規制エリアの手前に幼い子供連れたお母さんが道路脇に並んで、1人しか乗っていない車に乗り込んで人数合わせに協力した上に小遣い稼ぎをするということが横行したのだという。絵に書いたようなデザインの失敗なのだけれど、これは2016年まで行われていたようだ。

ハヤム・ウルク通りの交差点に立っていた。信号待ちしている車両の先頭にはいくつものバイクが並んでいた。その中の1台は、いまでもThree-In-Oneのルールを遵守しているかのように4人が1台にまたがっていた。そして、一番前に乗っていた若者がこちらを横目で見ていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ハヤム・ウルク通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11535

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月21日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ