ヤンゴン川沿いに立つ夜市の果物店では様々な果物が売られていた

ヤンゴンの夜市に出ていた果物店

ミャンマーのヤンゴンで撮影

関連する写真

一年振りの海外で心ははやっていた。ヤンゴン空港に着いたときにはすでに夕刻で、ホテルにチェックインをしたときにはもう日は落ちていた。それでも僕は部屋に荷物を置くやいなやカメラを片手に夜の町へと繰り出したのだった。最初に向かったのはストランドというヤンゴン川沿いに伸びる通りだ。ここには日が暮れた後も屋台がたくさん出ているという。

確かに多くの屋台がストランド通りに出ていた。でも、イメージとちょっと違う。川沿いに出ている夜市というから、川の夜景が見えるのだと思っていたけれど見えないのだ。不幸にも夜市との間に大きな港湾施設があって、夜市からは川の姿を拝むことは出来ない。ストランド通り沿いはイギリス統治時代に町並みが作られていたところで、今でも当時に建てられた重厚な建物が残っている。上手に活用できれば、上海の外灘のように観光資源になる気がするけれど、ここから見えるのは静まり返った港湾施設だけ。夜市で楽しみつつ、綺麗な夜景も堪能するというわけにはいかないのだ。

それはそれとして、ストランド通り沿いには噂通り多くの屋台が並んでいた。写真の果物店もその中のひとつだ。様々な果物が売られている。種類豊富な果物を目の当たりにすると南国へやって来たのだと実感する。カメラを構えていると、タナカを頬に塗った若い女性がやって来て、陳列されている釈迦頭を手にとって見ていた。釈迦頭も日本ではあまり見かけない果物だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年10月 ミャンマー 人びと
果物 葡萄 夜市 出店 タナカ ヤンゴン 若い女性
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10767

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年10月18日

更新日

2022年02月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ストランド通りってどこ?

Prev & Next