男の子の顔にタナカでミッキーマウスのような模様が描かれていた

顔にタナカを塗りたぐった男の子

ミャンマーのヤンゴンにある夜市で撮影

関連する写真

ヤンゴン川沿いのストランド通りには多くの屋台が集まっていて夜市を形成していた。この夜市は8年前に訪れた時はなかったものだ。どうやらヤンゴン市内の区画整理に伴い、市内にあった屋台がここに集められたようだ。市当局は屋台が並ぶ乱雑さは新しく開発する近代的な町には不要と考えているらしい。そのため、ダウンタウンの端にあるこの場所に屋台を移動させたのだろう。庶民の活気こそが町の魅力で、それに惹かれて外国からさえ観光客が来るようになるなんて発想は無いに違いない。

並んでいる屋台を眺めながら夜市の中を歩いていた。すると、テーブルの上に籠を置いてウズラの卵を売っている女性の脇で遊んでいる男の子と目が合った。男の子の顔にはたっぷりとタナカが塗られている。まるで何かの模様を描いているかのようだ。額の中央には丸が描かれていて、その丸に耳のようなものが付いている。なんだかミッキーマウスのシルエットが描かれているようだった。

ちなみに、ストランド通り沿いに建っているコロニアルなストランド・ホテルは、シンガポールのラッフルズ・ホテルやペナンのイースタン&オリエンタル・ホテルと同じくイラン生まれのアルメニア人であるサーキーズ兄弟によって建てられたものだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年10月 ミャンマー 人びと
男の子 夜市 パターン タナカ ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10769

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年10月20日

更新日

2022年02月17日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ヤンゴンにあるストランド通りってどこ?

Prev & Next