顔にタナカを塗りたぐった男の子

顔にタナカを塗りたぐった男の子
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

顔にはタナカで何か模様なものが描かれていた

ヤンゴン川沿いのストランド通りには多くの屋台が集まっていて夜市を形成していた。この夜市は8年前に訪れた時はなかったものだ。どうやらヤンゴン市内の区画整理に伴い、市内にあった屋台がここに集められたようだ。市当局は屋台が並ぶ乱雑さは新しく開発する近代的な町には不要と考えているらしい。そのため、ダウンタウンの端にあるこの場所に屋台を移動させたのだろう。庶民の活気こそが町の魅力で、それに惹かれて外国からさえ観光客が来るようになるなんて発想は無いに違いない。

並んでいる屋台を眺めながら夜市の中を歩いていた。すると、テーブルの上に籠を置いてウズラの卵を売っている女性の脇で遊んでいる男の子と目が合った。男の子の顔にはたっぷりとタナカが塗られている。まるで何かの模様を描いているかのようだ。額の中央には丸が描かれていて、その丸に耳のようなものが付いている。なんだかミッキーマウスのシルエットが描かれているようだった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10769

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年10月20日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ