線路の上で商売する女

線路の上で商売をする女
ミャンマーのヤンゴン環状線にあるダニンゴン駅で撮影 オザワテツ

女性は線路の上に商品を並べていた

列車が駅から走り去ってしまうと、行商人たちが構内の線路に戻ってきた。線路上の主役は再び列車から行商人に移り変わるのだった。それにしても、何故ゆえに行商人たちは線路の上で商売をしたがるのだろう。プラットホームの上にも行商人たちが店を開いているけれど、まだまだ店を開く場所はある。それに線路の上を行くのは列車ばかりで人があまり通るところではない。素人考えではプラットホームでお店を開いた方がもっと稼げるような気がしてならない。ひょっとしたら、線路の上で商売している人にはプラットホームで商売できない何かしらの理由があるのかもしれない。

写真の女性の行商人も、線路の上に葡萄やランブータンが入った籠を並べて商売をしていた。しばらくすると、向こうから男が歩いてきた。ふたりは知り合いのようで何やら言葉を交わしている。いずれにしても、女性の籠の中にはまだまだ葡萄とランブータンが売れ残っているので、女性は当分の間線路の上で商売をし続けるのだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダニンゴン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10944

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年03月23日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ