果物と老婆

果物の前を歩く老婆

店先に並べられた果物の前を老婆が歩いていた

ミャンマーのヤンゴンで撮影。

露天市の端っこに立っていた。多くの人が僕の前を通り過ぎていく。このような場所は地元の人を観察するには格好の場所だ。人の流れはそうそう途切れることはない。僕はその人混みの中に紛れ込めたような気がするのだ。実際に、道端に佇んでいる外国人旅行者に注意を向ける人はほとんどいない。そして何よりも、ゴミゴミした市場を見ていると町の活気を感じることができる。

そうこうしているうちに、老婆が視界に入ってきた。丸めた紙が手に握られているのが見える。ひょっとしたら、市場で買い求めなければならないものがメモしてあるのかもしれない。いすれにしても老婆も僕に視線を向けることなく、正面を向いたまま僕の前を横切っていく。

老婆の向こうに見える店先にはバナナが陳列されていた。ミャンマーでもバナナは一般的な果物だ。ミャンマーで一般的なバナナな日本で売られているのとはちょっと違う種類らしい。でも、それを知ったのは帰国してからだったので、滞在中にバナナを買うことはなかった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11071

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月27日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ