臨江街夜市でベビーカステラを焼く青年

臨江街夜市で働く若者
台湾の台北にある臨江街夜市で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

若者は臨江街夜市で働いていた

台北へとやって来た。ここを訪れるのは3度目だ。ホテルにチェックインするやいなや、僕は荷物を置いて町へと繰り出す。近くの食堂でたらふく食べて、そして腹ごなしを兼ねて夜市へと向かった。地図を見ると、臨江街夜市というのが一番近い。

日はとっくに暮れていたけれど、夜市は賑わっていた。「市」という漢字が付いているから、生鮮食品などが売られている市場を思い浮かべてしまうかもしれないけれど、台湾の夜市は日本で言うところの縁日のような雰囲気だ。路上に幾つもの屋台が出ていて、その前を間を縫うようにして人びとが歩いている。僕も大勢の人に倣い、屋台で売られているものを眺めながら人混みの中を歩いていた。

しばらく歩いていると、ベビーカステラを売る屋台の前にやって来た。日本ではベビーカステラと言うと、鈴のような球形であることがほとんどだけど、ここではその形は様々だ。まぁ金型の形を変えればどんな形にもなるのだろうけれど。逆に日本ではなぜ同じような形ばかりなのかと思ってしまう。家族経営と思われる屋台では、青年が金型を操って、次から次へとベビーカステラを焼いていた。

ENGLISH
2019年10月 人びと 台湾
食べ物の屋台 台北 青年

臨江街夜市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11246

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年10月21日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ