薄暗い果物の屋台

臨江街夜市で果物を販売していた老婆

老婆が臨江街夜市で果物を売っていた

台湾の台北にある臨江街夜市で撮影。

臨江街夜市は体操賑わっていた。まるでお寺の縁日のようだ。道路は建ち並ぶ屋台と訪れた人でいっぱいになっている。ここでは様々なものが売られている。洋服やアクセサリーを売るお店もあるけれど、やはり多いのは食べ物を売るお店だ。食べ物の屋台が並んでいる様は、「市」というよりもフードコートを連想させる。テーブルと椅子を出している屋台もあるので、そのような場所ではじっくりと座って食べることも可能だ。

写真の大きなワゴンは夜市の屋台のものだ。ワゴンの上には何種類もの果物が山積みになっている。ここは果物を売る屋台なのだ。ワゴンの中には日本では珍しい釈迦頭も見える。日本は戦前からバナナを台湾から輸入しているけれど、今でも釈迦頭は入ってこない。熟し始めるとあっという間に柔らかくなってしまうので、運搬が難しいらしい。

他の屋台にはひっきりなしに客が現れているけれど、この屋台には客はおらず閑散としていた。ワゴンの横に立っている屋台の店主である老婆は、なんだか夜市の喧騒から隔離されてしまっているかのようだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

臨江街夜市ってどこ?

PHOTO DATA

No

11247

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年10月22日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

アーカイブ