夜市のお土産物屋で働く女性は裸電球の下に腰を下ろしていた

夜市で働く女性

夜市で働く女

関連する写真

ラオスルアンパバーンでは2種類の市場が開かれる。ひとつは朝市で地元の人が生鮮食品を買う市場だ。もうひとつは夜市で観光客向けに伝統工芸品を販売する市場だった。両者はそれぞれ売るものも客も違うので雰囲気はかなり異なっている。このとき僕は後者の夜市にやって来ていた。

昼間には何もなかった通りが日暮れとともに夜市へ変貌する。中に入っていくと、民芸品を販売するお店がずらっと並んでいて、売り子の女性が裸電球の下に腰を下ろしていた。世界遺産に登録されてから、この町の観光産業は徐々に大きくなっているに違いない。布地や民芸品などを販売するお土産物屋が立ち並んでいる通りは、どこからどう見ても観光地の装いで昼間とは全く別の顔をしていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年3月 ラオス 人びと
ルアンパバーン 夜市 お土産物屋
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1446

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年03月02日

更新日

2022年03月11日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ルアンパバーンってどこ?

Prev & Next