若い女性が露天市でオレンジを売っていた

露天市でオレンジを売る若い女性
ミャンマーのヤンゴンで撮影
関連する写真

ヤンゴンの露天市では様々な果物が売られていた。葡萄を売っている人もいるし、ザクロを売っている人もいる。ほとんどの果物は国産ようだ。政情さえ安定すれば、ここミャンマーは豊かな国だ。民政に移管した後は政情が安定しているので、他の産業と同じように農業の生産も伸びているのだろう。一説によると、ここ6年でミャンマーの果物の輸出量は3倍になっているのだという。果物メジャーに市場を蹂躙されないことを願うばかりだ。さもなければ、中米諸国のようになってしまうかもしれない。

ミャンマーでは一般的な三角錐の帽子をかぶった若い女性が露天市の出口付近に立ってオレンジを販売していた。肩から大きなトレイを下げていて、中には売り物のオレンジが沢山入っている。マンダリンオレンジだろうか。

写真を撮っていいかと声を尋ねると、微かに首肯してはくれたものの、女性はシャイなようで決して僕のカメラを見てはくれなかった。レンズを向け続けても状況は変わらない。女性はうつむいたまま、まるで僕など存在していないかのようにオレンジを買い求める客が来るのを待っていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年1月 ミャンマー 人びと
編笠 果物 オレンジ 露天商 ヤンゴン 若い女性
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10872

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月24日

更新日

2020年12月07日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ヤンゴンってどこ?

PREV & NEXT