魚を売る男の子

魚を売る男の子
ミャンマーのヤンゴンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

数尾の魚が男の子の前に並べられていた

托鉢をしていた僧侶たちは僕の前をスタスタと通り過ぎていった。そして、露天市の中をスムーズに移動していた僧侶たちは、そのうちに僕の視界から消えてしまった。我に返った僕は、通りで商売している俗世の商売人たちに視線を向けることになった。

最初にやって来たのは魚屋だった。男の子が店番をしていた魚屋の店先には、数尾の魚が並べられている。何の種類の魚かはわからないけれど、どの魚もぷりぷりとしていて新鮮だ。

ついさっき、托鉢中の僧侶がこの露天市を通り抜けていったけれど、この魚屋は店先に並んでいる魚を施したりはしなかったに違いない。それは別にこの魚屋が吝嗇であることを意味していない。日本と違って、上座部仏教が主流であるミャンマーの僧侶が守るべき戒律は厳しく、その戒律には肉食も含まれるのだ。もちろん中には破戒僧もいて、酒を飲んだり焼き肉を食べたりする僧侶もいるのかもしれないけれど、少なくとも建前としては公衆の面前で肉を受け取ったりはしないだろう。

ENGLISH
2019年6月 ミャンマー 人びと
男の子 魚売り 笑顔 ヤンゴン

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

11069

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年06月25日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国外で撮影した写真とエッセイ

被写体別のカテゴリ