誰もいない参道

千住神社の参道

参道の向こうには石造りの鳥居が見える

東京の北千住にある千住神社で撮影。

千住神社は住宅街の真中に鎮座していた。地図を見ながら歩いていったのだけれど、住宅街の中にある神社仏閣は思いの外探しやすい。家々が立ち並んでいる中にこんもりとした木々が生い茂っている場所があれば、かなりの確率でそこが神社仏閣だ。立派な樹木が植えられた庭がある家なんてあまりないから、鎮守の杜が目印になるのだ。そんな都会の神社も、住宅が立ち並ぶ前は森に囲まれていたのだろう。千住神社もかつては森に囲まれていて、将軍が鷹狩に訪れたりしてい記録が残っているらしい。

縁起によると創建は926年と相当に古い。でも、お参りに来る人は疎らだ。境内にいる間に、おまりに訪れた人は皆無だった。参道にカメラを向けて、誰かがフレームに入ってくるのを待っていたのだけれど、誰も入ってくるここは無かったのだった。フレームの中には無人の参道が寂しげに伸びているだけだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10339
撮影年月
2017年8月
投稿日
2017年11月06日
撮影地
北千住 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年11月 町角 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP