明政門の前の傘

明政門に向かう傘を差した女性

傘を差した女性が一歩一歩明政門へと近づいていた

韓国のソウルにある昌慶宮で撮影。

昌慶宮の敷地に入ると、立派なもんが目の前に現れた。明政殿だ。この門をくぐるとそこには正殿である明政殿が待ち構えているのだった。ちょっと離れたところから門を眺めていると、日傘を差した女性が現れて明政門に一歩一歩近づいていくのが見えた。

門の上部には漢字で書かれた扁額が掛かっている。日本人には簡単に読める漢字だけれど、ハングル教育に注力てきた韓国の人にはどうなのだろう。自国民でもこの門の名前を読めない人がいるような気がしてならない。

日本でも同じだけれど、歴史ある建物には扁額が掲げらていて、建物の名前が書かれている。まるで名札を付けているようだ。ヨーロッパでは教会の入り口にその協会の名前が示されているようなことはないような気がする。文化の違いといってしまえばそれまでだけれど、興味深い現象だ。

いずれにしても、旅行者にとっては扁額があると便利だ。建造物の名前がわかるし、自分がどこにいるのかも容易に把握できるのだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

昌慶宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

7974

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年10月13日

撮影場所

ソウル / 韓国

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ