人びとが歩く石畳のトウマディー広場には古い建物を利用したカフェもある

バクタプルにあるトウマディー広場
ネパールはバクタプルのトウマディー広場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

トウマディー広場は世界遺産に指定されているバクタプルの旧市街にある広場だ。観光名所になっている広場は石畳になっていて、周囲にはヒンドゥー教寺院が幾つか建っている。

中にはかつてヒンドゥー教寺院だった建物が、今では世俗的な建物になっているものもある。写真の上部に見える古い建物がそうだ。かつては本物のヒンズー教寺院だったのものが、今では観光客目当てのカフェになっている。そう聞くと、古民家カフェに似たようなもののようにも思えるけれど、かつては寺院だったところだ。もういないとはいえ、神様が鎮座していたところでコーヒーを飲むなんて、なんだか恐れ多い気がしてしまう。でも、そのようなことを気に留めない人が多いのだろう。この喫茶店は観光客に大人気だった。

日本でも廃寺になるような寺院が増えていると聞く。そのうち、使わなくなった寺院の建物を利用したカフェとかが増えていくのかもしれない。

ENGLISH
2010年1月 町角 ネパール
バクタプル 旧市街 広場 石畳 世界遺産

バクタプルにあるトウマディー広場ってどこ?

PHOTO DATA

No

3588

撮影年月

2009年6月

投稿日

2010年01月18日

更新日

2020年09月05日

撮影場所

バクタプル / ネパール

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

バクタプルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ