レストランの前にコック帽をかぶった大きな豚が立っていた

道端に立つ豚
東京の北千住で撮影
関連する写真

地下鉄の出口を出ると、そこは路地だった。北千住の駅には何本もの路線が乗り入れていて大きな駅だと思っていたから、ちょっと意表を突かれた気分になった。路地には飲み屋が軒を連ねている。歩いている人はあまりいない。ちょっと裏寂れた空気が漂っている。でも、そんな雰囲気は嫌いじゃない。

僕は路地を歩き始める。そうこうしているうちに、大きな豚の像が道端に立っているのが目に入ってきた。コックの格好をした豚だ。どうやらレストランのマスコットのようだ。客寄せのために店頭に設置されているのだろう。でも、人通りの少ない寂れた雰囲気の場所で、突如として自信満々の顔をした豚が出現するのは、ちょっと怖い。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2017年11月 静物 東京
料理人 北千住 レストラン
北千住で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10337

撮影年月

2017年8月

投稿日

2017年11月05日

更新日

2020年06月15日

撮影場所

北千住 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

北千住ってどこ?

PREV & NEXT