町角の猫

町角にいた白い猫
インドのコルカタで撮影 オザワテツ

町角に佇んだ白い猫がじっと僕を見ていた

ふと気がつくと、コルカタの町角に一匹のが佇んでいた。僕のことをじっと眺めている。痩せているから野良猫かもしれない。この辺りを歩いていると、大勢の地元の人が僕に興味を示す。コルカタを訪れる外国人は多いのだけれど、観光地でもなんでもない通りを歩いているのん気に歩いている人は少ない。その感覚は猫にも共有されているかのようだ。あまり見かけない外国人である僕を珍しいと思って眺めているかのようだ。もっとも、猫が僕のことを外国人と認識しているかどうかはよく分からないけれど。

インドで町を歩いていると、昼寝していたり散歩していたりするを見かけることは多い。でも、猫の姿を見かけるのは珍しい。イスラム圏では猫が人気があって、犬はあまり人気がない。それとは対照的にヒンドゥー教徒が多数を占める世界では犬をよく見かけるものの、猫はあまり目にしないような気がする。ヒンドゥーの世界では猫はあまり人気が無いのかもしれない。

EN

コルカタってどこ?

PHOTO DATA

No

10027

撮影年月

2011年7月

投稿日

2017年02月04日

撮影場所

コルカタ / インド

ジャンル

動物写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ