食堂の前に立つ不安そうな顔の男

住宅街の中の食堂
インドネシアのチルボンで撮影 オザワテツ

食堂の前に立つ男は不安そうな顔で遠くを眺めていた

市場へと戻る途中の住宅街には雑貨屋だけでなく、小さな食堂も営業していた。建物自体には厨房がなく、店先に置かれた移動式屋台で調理したものを屋根の下に置かれたテーブルに就いて食べるようになっている粗末な食堂だ。

移動式屋台の横には男が立っていて何やら調理していた。でも、テーブルには誰も就いていない。料理していた男のすぐ後ろにポロシャツを着た男が立っているだけだ。料理人はポロシャツの男が注文した料理を作っている最中のようだ。

料理ができあがるのを待っていた男は柱につかまりながら遠くを眺めていた。その顔はどこかしら不安そうだ。もしこれが映画のワンシーンなら、男が眺めている方向から穏やかな住宅街の平穏を破るものがやって来る不吉な導入部分になるのだろうけれど、これは現実。不吉な物語が始まることはない。男の不安は男の中で自己完結してしまって、この穏やかな雰囲気が壊されることなどはないのだ。人間よりも予兆に敏感なはずのも、移動式屋台の下で寝転がったままだった。

ENGLISH

チルボンってどこ?

PHOTO DATA

No

11799

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年01月27日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

スナップ写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF