車掌と犬

バーンレーム駅の車掌と犬

踏み台の横で犬が寝転がっていた

タイのバーンレームにある駅で撮影。

列車はするすると駅の中に入っていって停車した。バーンレーム駅に着いたのだった。この駅もメークロン駅と負けず劣らず質素な小さな駅だった。僕はここで列車を乗り換えなければならない。でも、面倒なことに僕が乗り換えたい列車は同じ駅からは出ないのだ。もともとはバンコクからメークロンまでの線路はターチン川のところで分断されている。僕はここから歩いて渡船場まで行って川を渡り、川の向こう側にあるマハーチャイ駅まで行かねばならないのだった。

列車が駅に着くやいなや、他の乗客たちは蜘蛛の子を散らすようにどこかへ消えてしまった。皆地元の人たちばかりだったから、どこに行くのかは決まっているし分かってもいるのだろう。しかし、僕はここを初めて訪れた観光客だ。どこに向かったらマハーチャイの駅に行けるのかはよく分からない。僕は寂れた駅の中をウロウロしていた。車掌が乗降口のところに立って立ち話をしている。その足元では犬が寝転がっていた。日本だったら、家路に就いた人で賑わっているであろう時間だったけれど、バーンレーム駅は長閑な空気に包まれていた。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10660
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年07月23日
撮影地
バーンレーム / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年7月 動物 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP