乗降口に立つ車掌

乗降口に立つ車掌
バングラデシュのダッカで撮影 オザワテツ

車掌が客の呼び込みをしていた

バス停にバスが停車していた。エンジンはかかっていて、いつでも発車出来る状態だ。でも、まだ乗降口の扉は開いている。そして、車掌が立っていた。この国では日本のようなワンマンバスはなく、みな運転手と車掌のコンビで運行している。車掌は出発する最後の最後まで、乗客が来るのを待っているようだ。ひとりでも多くの客を詰め込みたいのだろう。

僕が近づいて行くと、車掌は一瞥をくれた。そして、自分の客ではないと瞬く間に理解したに違いない。僕に鋭い視線を投げかけたままバスを動き出し、そのうち雑踏の中に消えていった。

EN

ダッカってどこ?

PHOTO DATA

No

8921

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年11月27日

撮影場所

ダッカ / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM