浅草で売られていた風鈴

吊られていた風鈴
東京の浅草で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

浅草の土産物屋の店先に多くの風鈴がぶら下がっていた

古来、多くの文化で鈴は超自然的な存在や人間を呼び寄せる道具として祭祀で用いられ、単なる楽器といよりも宗教性を帯びたシンボルだったという。日本でも神社仏閣にある鰐口がそうだろう。鰐口とは仏堂の前にぶら下がっていて、参詣者が綱を振って打ち鳴らするあの鈴だ。

仏教の世界では音を出す仏具を梵音具という。東京国立博物館によると、法要や儀式の中で音により時間の区切りをつけたり、進行のリズムを作るだけでなく、音を出すことで宗教的な雰囲気を高めるために梵音具が用いられるのだそうだ。確かに鰐口を鳴らすと、何かお祈りしないといけないような気がしてくる。

風鈴中国から伝わった「風鐸」がもとになったと言われている。日本に梵音具として伝わると、鈴の音が聞こえる範囲が聖域とされ、災いから守ってくれるものとされていたようだ。そう考えると、浅草にある雷門のすぐ近くでカランカランと音を立てている風鈴は、災いから参拝客を守ってくれているのかもしれないけれど、都会の喧騒の中でその聖域はびっくりするほど狭いものだった。

ENGLISH
2021年6月 静物 東京
浅草 風鈴

雷門ってどこ?

PHOTO DATA

No

11931

撮影年月

2020年10月

投稿日

2021年06月08日

撮影場所

浅草 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

浅草で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ