浅草寺でお父さんに肩車してもらっていた女の子はとても嬉しそうだった

お父さんに肩車されて嬉しそうな女の子

お父さんに肩車されて嬉しそうな女の子

関連する写真

写真を撮っていて、脚立があるともっと面白いのではないかと思うことは多々ある。いつもよりもちょっと高いところから眺めた世界は、いつもとはちょっと違う香りがするのではないかと期待してしまうのだ。

だからといって脚立を担いで町を歩くのも大変そうで、マイ脚立を持って町を散策したことはない。そんな普段は忘却の彼方にある脚立も、肩車してもらっている子どもを目にすると記憶の引き出しから顔をのぞかせてくる。誰かに肩車してもらうような年齢はとうの昔に超えてしまったものの、脚立の上に立てば似たようなものではないかと毎回思うのだ。

浅草寺の境内を歩いていると、幼い女の子がお父さんに肩車してもらっていた。お父さんの肩に乗った女の子は目をキラキラさせながら周囲の喧騒を見渡している。肩車してもらっている子どもはみんな嬉しそうにしている。大好きなお父さんの肩に乗っているというだけでなく、日頃は自分の視線の遥か上にある大人たちの顔がこの時ばかりは自分よりも下にあるのが面白いのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 人びと 東京
浅草 提灯 親子 浅草寺 寺院
浅草で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12156

撮影年月

2021年11月

投稿日

2022年01月25日

更新日

2022年05月08日

撮影場所

浅草 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

浅草寺ってどこ?

Prev & Next