風鈴が店先にぶら下がっていた

店先の風鈴
愛知の常滑で撮影
関連する写真

お店の軒先には幾つもの風鈴がぶら下がっていた。ここ常滑はその名の通り常滑焼の町だ。もちろん風鈴も常滑焼で造られている。常滑焼で作られた風鈴がどのような音を発するのか気になるとことだけれど、残念なことにこの日は風がなかった。風鈴もただただぶら下がっているばかりで、音色を聞くどころかぴくりとも動いてはくれない。

どんな音色なのか知りたくて風が吹くのを待っているのだけれど、風も吹いてくれない。無風だ。そんな僕の気持ちを知ってか知らずか、見れば見るほど風鈴も意固地になって動かないように見えてくる。なんだか風鈴たちと根比べをしているような気分になってきた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年9月 愛知 静物
常滑 風鈴

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

165

撮影年月

2005年8月

投稿日

2005年09月03日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

常滑 / 愛知

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

常滑ってどこ?

PREV & NEXT