親子連れを含む多くの人が浅草神社で行われていた猿回しを楽しんでいた

境内で行われていた猿回し
浅草神社で行われていた猿回し
関連する写真

浅草寺の横にある浅草神社にできていた人垣に誘われてフラフラ近づいていくと、集まった人びとの視線の先にがいた。猿回しが行われていたのだった。時折神社仏閣で見かける猿回しは地味であるものの、歴史の長い大道芸だ。4500年前のメソポタミア文明ではすでに猿回しという職業があったというくらい古いものなのだ。

奈良時代に中国から伝わってきた猿回しは、長いこと単なる大道芸ではなく縁起物だった。今ではそのような意味合いを意識することはないけれど、猿にはの病気を祓い、健康を守る力をもつとする信仰・思想があるのだそうだ。そのため猿を牛馬舎の前で舞わせていたのだという。馬を大切にした武家の厩舎の厄病除けや祈祷の際にも重宝されたらしい。

そのような宗教性は時代を下るにつれ薄れてしまい、今では猿を扱う芸が大道芸として残っているわけだ。心配なのは動物愛護を掲げる団体が何か不穏なことを言ってこないかということ。現に意識の高いフランスではイルカを使ったショーや、サーカスでのトラやライオン、クマなどの野生動物の使用を禁止する動物愛護法案が可決されている。一度は途絶えてしまいかけた猿回しの芸も、法律で禁止されてしまうような時代が来るのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 動物 東京
浅草 親子 大道芸
浅草で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12157

撮影年月

2021年11月

投稿日

2022年01月26日

更新日

2022年04月25日

撮影場所

浅草 / 東京

ジャンル

動物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF135MM F2L USM

浅草神社ってどこ?

PREV & NEXT