JRの線路下

新大久保の高架下
東京の新大久保で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

大勢の人が急ぎ足で歩く薄暗い高架下で立ち止まっている人もいた

それほど賑わっていなかった大久保通りも、コリアンタウンとしての雰囲気が濃くなってくるにつれ、歩道を歩く人の数も増えてくる。具体的には新大久保駅から東に向かうと韓国色が強くなり、歩行者も増える感じだ。新大久保にあるコリアンタウンは多くの人が訪れる人気スポットなのだ。

室橋裕和が書いた「ルポ新大久保 」によると、新大久保がコリアンタウンになり始めたのは1980年代半ばだという。歌舞伎町に多くのコリアンクラブができ始め、そのお店で働くホステスさんが住んだのが新大久保だった。そのうちに、そのようなホステスさん相手に韓国料理を出す食堂が増えてきて、今に連なるコリアンタウンを形成するようになったのだ。

外国人に寛容なイメージが惹きつけたのか、今では韓国以外のアジア諸国の人が経営するお店も多い。面白いのは、韓国系のお店とそれ以外で棲み分けされているように思える点だ。韓国系のお店が立ち並ぶ中にネパール色を出したお店はないし、逆もまたしかり。同じ雰囲気のお店が並んでいたほうが集客力が高いのだろう。では、その境目はどこかというと新大久保駅のすぐ脇にある写真のJR線の高架だと思う。これより向かって左にいくとコリアンタウンだし、右にいくと韓国以外の国のお店が多いのだ。この高架は新大久保の分水嶺になっているのだ。

ENGLISH
2021年9月 町角 東京
歩行者 新大久保

新大久保駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

12022

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月07日

撮影場所

新大久保 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ