自由が丘でショーウインドウの中に目を向けると町並みが映り込んでいた

自由が丘のショーウインドウに映った町並み
自由が丘
似ている写真 撮影地

自由が丘という地名は戦後のGHQ占領下で名付けられたようなイメージを持つけれど、実際には戦前に名付けられた名前だ。碑衾村と呼ばれていた一帯が自由が丘という名前に変貌したのは、手塚岸衛が自由教育を旗印にこの地に自由が丘学園という学校を創立した1930年以降のこと。大正デモクラシーの中で「自由が丘」という名称が時代の自由主義的な風潮にマッチしたのだろう。文化人だけでなく、地元の住民にもこの言葉が広く浸透していった結果、駅名に採用され、その後正式な町名にもなったのだ。自由が丘にあるから自由が丘学園という名称の学校があるのではなく、自由が丘学園があるところが後から自由が丘になったのだ。

そのような地名の由来を持っているため、自由が丘という地名そのものに矛盾が詰め込まれてしまっている。地名に「丘」という漢字が含まれているものの、実際の自由が丘は谷に作られている。自由が丘駅のある辺りが谷底で、駅周辺のお洒落な繁華街もすべて谷の中にあるのだ。この構造は渋谷に似ている。でも渋谷が地名にきちんと「谷」を含んでいるのに対し、自由が丘には「谷」の文字が含まれていない。地形を表した地名ではないから仕方がないとはいえ、からどこに向かうのも丘を上がらねばならないから騙された気になってしまう人もいるかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年12月 町角 東京
自由が丘 歩行者 反射 ショーウインドウ

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12414

撮影年月

2022年9月

投稿日

2022年12月15日

撮影場所

自由が丘 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

自由が丘ってどこ?

PREV & NEXT