カバーで覆われた街路樹

カバーで覆われた街路樹
東京の武蔵小山で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

武蔵小山駅前にはカバーですっぽり覆われた街路樹が立っている

武蔵小山駅前に最初のタワーマンションが建って、2年近くが経過した。今ではその横にも別のタワーマンションが建っていて、ゆくゆくは現在高校のあるところにももう一棟建つのだという。かつて駅前にゴミゴミした路地があって、飲み屋が密集していたなんて嘘のようだ。タワーマンションが建って以来、武蔵小山駅周辺の雰囲気は変わってしまった。こういうのをジェントリフィケーションというのだろう。

タワーマンションの地上階や2階には幾つかお店が入っていて、ちょっとしたショッピング・モールのようになっているものの、武蔵小山のシンボルとなるランドマークを目指すという意気込みと裏腹に出来てから2年位経過するのに空き店舗が目立つ。駅の真ん前で立地は申し分ないのに入居しないとは、よほど賃料が高いのだろう。

個人的にこのモールで最も不思議だと思っているのは、街路樹を覆っているカバーだ。工事中の時には完成した暁にはカバーが外されて、木々が伸び伸び枝を伸ばすのだろうと思っていたけれど、2年が経過した今でもしっかりと木々を覆っている。その様子は街路樹が蜘蛛の巣に覆われてしまったかのようで、見ている人を少し不安にさせる。いつになったらカバーを外すのだろう。外すのよりも先にカバーが破れてしまうような気がしてしまう。

ENGLISH
2021年9月 町角 東京
武蔵小山 歩行者

武蔵小山ってどこ?

PHOTO DATA

No

12041

撮影年月

2021年3月

投稿日

2021年09月26日

撮影場所

武蔵小山 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ