羽田空港近くの空

空を飛ぶ鳥の群れ
東京の羽田で撮影 オザワテツ

鳥の群れがくすんだ羽田の空を飛んでいた

穴守稲荷を後にして、赤鳥居へと向かった。穴守稲荷はもともと今の羽田空港のある場所に建っていて、拡張工事に伴って今の場所へと移築されている。赤鳥居も同じように移動させようとしたらいいのだが、祟りが起こってために長いこと動かせなかったらしい。移築はしたものの今でも穴守稲荷よりもずっと空港の近くにひっそりと建っている。

鳥居の近くに立って空を見上げると、空は猛々しい雲に覆われていた。そして、鳥が群れて飛んでいるのが見えた。飛行機に負けないように群れて飛んでいるのかもしれない。

それにしても、空港のある場所の地名が「羽田」というのはよくできている。飛行機のような羽を持つ物体が行き来する場所にぴったりだ。でも、「羽田」の「はね」は鳥の羽に由来しているとは限らないらしい。諸説あるようだけれど、多摩川河口で海に接する地を意味する「ハネ」を由来とする説、赤土・粘土地を意味する「はに」に由来するという説、新開地・墾田を意味する「はりた」に由来とする説などがある。でも、個人的には海老取川を境に2分され、その形が海上から見ると鳥が羽を広げたように見えるとする説を推したいところだ。

EN

羽田ってどこ?

PHOTO DATA

No

9641

撮影年月

2015年12月

投稿日

2016年02月06日

撮影場所

羽田 / 東京

ジャンル

風景写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る