小さな祠の下のサムズアップ

小さな祠の前で親指を立てていた男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男は小さな祠の下で親指を立ていた

ヤンゴンの町には華僑の人たちだけでなく、印僑の人たちも住んでいる。何も目印になるようなものがないから、はっきりとはしないのだけれど、チャイナタウンの隣にはインド人街があるのだという。そして、ふらふら歩いているうちに、インド人街に立ち入っていたようだ。道端から見える働く人びとも東南アジア系から南アジア系へと変遷しているような気がする。道を歩いていて行き会った写真の男性も南アジア系の顔立ちをしていた。木の上に作られた小さな祠の下に腰掛けていた男にカメラを向けると、親指を立てて応じてくれた。

考えてみると、中国もインドもキリスト教が主流ではない国で、多くの神様がいる多神教の国だ。そのため、中華街もインド人街もあるヤンゴンのダウンタウンには数え切れないくらいの神様が生息しているに違いない。でも、その扱いは中華文化圏とインド文化圏でことなるように見える。道教などの神様はしっかりとした寺院やお堂の中で祀られていることが多く、シバ神などのインドの神様は寺院の中にもいるけれど、その辺の道端にも祀られていることが多いような気がする。インドの神様はあまり自分が祀られている場所にこだわっていないような気がするのだ。男の頭上にある小さな祠の中にも、ヒンドゥー教の神様が祀られていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10802

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月20日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ