男性が小さな工場で働いていた

工場で工作機械を操っていた男

ミャンマーのヤンゴンで撮影

関連する写真

賑わっている露天市のすぐ近くに小さな工場があった。入り口から見えるところで男が働いていた。一般的には、ここはいわゆるチャイナタウンと呼ばれる地域だ。でも、働いていた男は贔屓目に見ても東アジア人の風貌ではない。明らかに華僑ではないのだった。ヤンゴンではチャイナタウンとインド人街は隣り合っているけれど、その境目はあまりはっきりしてはいないようだ。少なくとも歩き回るだけではその境目は分からなかった。ここでは中国系もインド系も、地元のビルマ人の社会に上手に溶け込んでいるのかもしれない。

男の前に置かれた台の上には万力のよな機械が置かれていた。ハンドルを握った男が、黙々とハンドルを回し続けている。何をしているのかは見ただけでは分からなかった。何を作っているにしても、この工場の中にはすぐ近くの露天市の喧騒は入ってこられないようだ。工場には数人の人影が見えるけれど、皆静かに働いていて中は静けさに包まれていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年1月 ミャンマー 人びと
工場 機械 男性 ヤンゴン
ヤンゴンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10877

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月28日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

ヤンゴンってどこ?

Prev & Next