キンマの葉とスマートフォン

電話を掛けながら働くクーン売りの男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

クーン売りの男は電話を掛けながら忙しそうに働いていた

道を歩いていると、またしてもクーン売りに出くわした。インドではパーンと呼ばれるこの噛み煙草のようなものはミャンマーでも一般的だ。男も女も好む人が多い。このクーン売りのところにも頻繁に買いに来る人が現れていた。ちょっと調べたところ、クーンにも高い中毒性あるらしい。ヤンゴンの人たちは煙草よりもクーンを好む人が多いようで町のあちらこちらにクーン売りの姿があるのを見ると、この町には相当の数のクーン中毒者がいるような気がする。

男のテーブルの上にはキンマの葉が並べられていて、男は棒を使って石灰を溶かした水を垂らしていた。そうこうしていると、男に電話がかかってくる。でも、男は仕事の手を休むことはなかった。電話に出ながらも、せっせとクーンを作り続けている。

クーンが売られているのをよく目にするけれど、僕にはどれもこれも同じように見えてしまう。しかしながら、手作りのクーンは作り手によって味が異なるのだという。誰もが同じように作っているように見えても、実は上に垂らす石灰を溶かした水に違いがあるらしい。町中のクーン売りたちは石灰液の味で同業他社たちと差異を生み出しているようだ。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10801

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月19日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ