青い天秤棒を担ぐ若者

青い籠の付いた天秤棒を担ぐ若い男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

若者が青い籠の付いた天秤棒を担いでいた

露天市で働いている人のほとんどはお店を開いてその場所に留まりながら商売をしている。店先に商品を並べるトレイや籠を置いているのだ。このような状況では商売をする場所を変えたくても、動くのはそうそう簡単ではない。

そのような人たちとは対照的に、露天市の中を軽やかに移動しながら商売している人もいる。天秤棒を担いでいる行商人たちだ。ひとつの露天市でひと商売をしたら、別の露天市に移動してまた商売することも可能だろう。天秤棒を担いだ商売人は良くも悪くも場所に縛られてはいないのだ。

露天市を歩いていると、向こうから天秤棒を担いだ若い男がやってきた。どうやらアチョと呼ばれる揚げ物を売り歩いているようだ。天秤棒の両端には青い籠が取り付けられていて、その中にアチョが並べられているのが見える。でも、若い男が持ち運んでいるのは、商品だけではないようだ。よく見てみると、後ろの籠の横には傘も掛けられている。仕事に必要な道具一式を運びながら売り歩いているのだろう。

EN

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10878

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月29日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ