ヤンゴンの街宣車

ヤンゴンの街宣車
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男は自転車タクシーの座席に乗って演説していた

ダウンタウンを歩いていると、道の向こうから自転車タクシーがやって来た。でも、この自転車タクシーは普通とはちょっと違った。車夫はペダルを漕ぐことなく自転車を押しながら歩いている。座席には誰も座っておらず、その代りにスピーカーが置かれていた。そして、マイクを持った男が自転車の後ろを歩いていたのだった。

男は何かを話しながら歩いている。英語でも日本語でもなかったので、何を言っているのかは分からない。ひょっとしたら、政治的なメッセージでも発していたのかもしれない。いずれにしても、この自転車タクシーは街宣車のような使われ方をしていた。日本の街宣車とはかなり様相が異なるけれど、ヤンゴンではこれが一般的な街宣するスタイルなのかもしれない。

よく見ると、自転車にはカラフルな旗が取り付けられている。配色を見る限りでは仏旗のようだ。この旗は日本でも使われる国際的なものだ。ふたりは仏教団体の人間なのかもしれない。ミャンマーは民主化して、自由選挙が行われているから、仏教団体から支持を受けている政治団体があっても不思議ではない。

EN

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10861

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年01月15日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ