線路の上にたむろする三人の男

線路の上でダラダラする三人の男
ミャンマーのヤンゴン環状線にあるダニンゴン駅で撮影 オザワテツ

三人の男がダニンゴン駅の線路上でダラダラしていた

跨線橋の上からプラットホームの様子を眺めていた。大勢の行商人が所狭しと商品を並べて商売をしているのが見えて、まるで露天市のようになっている。売られているのはほとんどが野菜だ。このような光景を見ていると、プラットホームがこのまま進化したら、ドライブスルーのような市場になるのではないかと思ってしまう。人びとは列車に乗ってやって来て、下車することなく買い物が出来る。ただし、希望の商品を売るお店の前に停まるかどうかは分からない。ちょっとしたギャンブル性のあるドライブスルーだ。

そんなことを考えてると、下の線路にいた男たちが僕が上から眺めていることに気がついたようだ。周囲には商品らしきものは何もない。他の大勢の行商人たちとは違って、この男たちは働きにやって来ているようではないように見える。買い物に来たのかもしれないけれど、疲れてしまったのか、ただただ線路の上でダラダラとしているのだ。カメラを向けても、特に何かのリアクションを取ってくれることはなかった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダニンゴン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10915

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月28日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ