線路上のカラフルなパラソル

線路上のカラフルなパラソル
ミャンマーのヤンゴン環状線にあるダニンゴン駅で撮影 オザワテツ

ダニンゴン駅の線路上にはカラフルなパラソルが開いていた

ダニンゴン駅のプラットホームでメインに使われるような場所には屋根が設けられている。よほど横殴りの雨でもなければ、これでスコールを避けることができるだろう。それでも、屋根で覆われているのは長いプラットホームの一部だけだ。ほとんどの場所には屋根がなく、行商人たちが店を開いているような場所は露天になっている。ミャンマーの日差しは強い。そのため、外で働いている人たちはみなそれぞれ日焼け策を取っているのが実情だ。一番簡単な予防策は帽子を被ることだろう。ベトナムでよく見かけるノンラーと呼ばれる帽子に似たものを被って働いている人は多い。次に多い予防策は大きなパラソルを立てて、その下で店を開くことのようだ。

駅構内には行商人が開いたパラソルがあちらこちらに立てられていた。なぜだか理由はわからないけれど、どれもこれも同じような配色のパラソルだ。日本ではビーチパラソルに使われているような配色なので、眺めているとちょっと不思議な気分になってくる。線路に立って先の方を眺めると、そこにもビーチパラソルのようなパラソルが立っていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダニンゴン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10948

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年03月26日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ