馬橋稲荷神社の狐は目を細めた大勢の従者を従えていた

馬橋稲荷神社の狐
多くの従者を従えた狐
関連する写真

細長い参道を抜けて随神門をくぐり、石段を数段上がるとそこは朱色の塀に囲まれた馬橋稲荷神社の社殿だった。社殿の前にはお稲荷さんの眷属であるが鎮座していて、参拝者の様子をうかがっている。玉をくわえたり、稲穂をくわえたりする狐がいる中で、ここの狐は凛々しい顔で巻物をくわえていた。巻物は知恵を象徴しているのだという。涎が垂れても良いように涎掛けをしている知恵者というのは、一見すると矛盾しているような気がしてしまうものの、そういう設定なのだから仕方がない。神様の世界は人智を超えているのだろう。

巻物をくわえた狐は知恵者であるだけでなく、人望も兼ね備えているようで足元には大勢の従者を従えていた。面白いのは目を吊り上げて鋭い視線を投げかけているのはリーダーの大きな狐だけで、足元に集合している白い小さな狐は目を細めていたこと。鋭いとはいえ、視線を向けられていると関心が自分に向いているように思えるのに対し、目を細めていると自分に関心が向いているようには思えない。困っても助けてくれないし、願い事も聞いてくれないように見えてしまうのは僕だけだろうか。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年9月 静物 東京
阿佐ヶ谷 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12364

撮影年月

2022年6月

投稿日

2022年09月02日

更新日

2022年09月05日

撮影場所

阿佐ヶ谷 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

馬橋稲荷神社ってどこ?

PREV & NEXT