前掛けをした狐

前掛けをした狐
東京の碑文谷にある碑文谷八幡宮で撮影 オザワテツ

狐の石像は赤い前掛けを掛けていた

八幡さまが祀られている本殿の脇にはもうひとつの神社があった。ここの境内社だ。こちらにはお稲荷さんが祀られている。そして、小さな本殿の前には赤い前掛けをした狐の像が二体あって、首を捻って訪れるものを威嚇しているように見えた。

神道においては、お稲荷さんと狐はしばしば同一視されるから、本殿の中にも狐がいて、本殿の前にも狐が控えていることになる。登場人物がどれもこれも狐ばかりのような気がしてしまうのは、僕だけではないだろう。

EN

碑文谷八幡宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

9299

撮影年月

2015年5月

投稿日

2015年06月13日

撮影場所

目黒 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL