ビルの中に伸びる水天宮の参道の脇に随神が鎮座していた

水天宮の随神
水天宮の随神門
関連する写真

日本橋蛎殻町に鎮座する水天宮は都市型の神社だ。神社に都市型とか地方型とかの類型があるのかはわからないけれど、都会の真ん中にある限られた土地を有効利用している境内は都市型と呼ぶのに相応しい。

どのような点が都市型かというと、水平方向ではなく垂直方向に発展しているところ。新大橋通りと水天宮通りの交わるところにある境内は、どう頑張っても水平方向に広くなるとは考えづらい。それならば上に向かって伸びれば良いと考えている節があるのだ。低層マンションを高層化して容積を増やすようなイメージだ。

ビルの中に吸い込まれていく階段参道になっていて、本殿は階段を上がった先の二階に建っている。階段の上に建つビルも単に建っているだけでなく、随神門の役目を果たしている。コンクリートの打ちっぱなしの壁にショーウインドウのような箇所が設けられ、中に神域に邪悪なものが入ってこないよう神様が鎮座しているのだ。

このように水天宮は都会に置かれた台座の上に建てられているような感じになっている。しかし個人的にはちょっと高さが物足りない。どうせ垂直方向に発展するのなら往時の出雲大社のようにもっともっと高みを目指してもらいたい。

ENGLISH
2022年2月 静物 東京
人影 日本橋蛎殻町 神社 階段

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12176

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年02月14日

更新日

2022年04月01日

撮影場所

日本橋蛎殻町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

水天宮ってどこ?

Prev & Next