道端に紐でつながれた豚が寝そべっていた

紐につながれた豚
メキシコのテネハパで撮影
関連する写真

テネハパの町を散策していたら、道の端っこでが寝ていのを見つけた。背中にしっかりと紐がくくりつけられている。ペットなのか家畜なのかはよく分からない。食べるにはまだ小さいような気がするし、紐が付いているということは飼い主はこの豚を時々散歩に連れて行っているということだろう。今後成長したらどうなるか分からないけれど、少なくとも今はペットなのだ。

そういえばフィリピンの町角でも紐に繋がれた豚を見かけたことがあるし、東京林試の森公園でも豚を散歩させている人にあったことがある。この世には豚をペットとして飼う人が散在するようだ。

今はペットで大きくなったら食べてしまうつもりで育てているとしても、いざという時に屠殺できるのだろうか。個人的にはそれが疑問だ。長いこと一緒に過ごしていたら情が移ってしまって、なかなか屠畜できないような気がしてならないのだ。なにせ散歩するくらい可愛がっているのだから。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年1月 動物 メキシコ
家畜 ペット テネハパ

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

5077

撮影年月

2010年7月

投稿日

2011年01月18日

更新日

2021年11月02日

撮影場所

テネハパ / メキシコ

ジャンル

動物写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

テネハパってどこ?

PREV & NEXT